過去問や問題集を20冊ほど勉強し、英検2級に合格

私は学生の時じゃなくて社会人になってから英検2級に合格しました。
英語が好きなので趣味程度に勉強してましたが学生と違った勉強の仕方だと思うので、私が英検2級に受かった勉強の方法を紹介します。

筆記の勉強方法

過去の問題や英検2級レベルの問題集を20冊くらい勉強しました。
まずは出来る問題からどんどん解いていき分からない問題は全く考えず無視です。
そうして一冊の問題集をやり終えてから単語集や辞書、参考書で解けなかった問題の確認を納得いくまでします。

一冊の問題集が完成したら意味を考えながら読んでいきます。そうすることによって内容が理解でき文法も覚えていきます。私は同じ問題集をすると問題を解くのではなくて、答えを暗記してるだけって考えがあるので毎回問題集を変えました。筆記の勉強方法はその繰り返しです。

リスニングの勉強方法

英語を普段聴くことがないので、とにかく英語を聴き慣れないとダメだと思い、英語の歌やテレビを2ヶ国語放送にしてひたすら英語を流しました。

もちろん初めは意味などは理解できませんが、少しずつ聴き慣れてくると英語がゆっくりに聞こえてきます。意味を理解出来なくても聴き慣れるのが大事です。
次に分かる範囲内で大まかで良いので分かった英会話を書いていきます。聴いては書くの繰り返しです。
聴こうと意識してると余計に聴き取れないので自然に聴き流すのが良いです。

勉強時間

取り組み方にもよりますが筆記もリスニングも勉強時間が長ければ良いと言うわけではありません。
自分が納得するまで勉強したら良いです。
たとえ数十分でも納得いけばOKだし、数時間勉強しなければ不安ならそれでOKです。

私の考えは短期集中なので納得いけば時間に関係なくやめます。時間より質です。
長時間勉強しても覚えれる範囲に限界があります。
しかし、納得いかない時に長時間勉強した時もありましたが時間がかかる程頭に入りません。

勉強期間

自分が考えた勉強方法なのに少しは不安があったので、初めは半年勉強して英検に臨もうとしてたのですが1年掛けて勉強しました。
実際に毎日勉強したかって問われるとそうではありません。挫折しそうな時もありました。
1人で勉強するのは辛いですが何とか1年掛けて自信が付くまで頑張りました。

学生との違い

学生であれば学校や予備校で弱点を1人じゃなくて、専門の先生と補えますが社会人の私にとって弱点が分かっても正直どうしたら良いのか分かりませんでした。
少し羨ましくも思いました。
自分が選んだ独自の勉強方法なので仕方ないですが。

英検対策した自信と不安

自分が納得して自信を持って英検を受けるのに1年掛かりましたが、決して長く掛かったとは思ってません。
毎日繰り返し勉強してたらあっという間に感じました。
これだけ勉強したから絶対受かる自信とこんな勉強で本当に良いのかなって不安も少しはありました。

試験日まで日にちに余裕があるときは絶対に受かる。あれだけ勉強したし。と思いましたが試験日の2,3日前になると本当にこんな勉強方法で良かったのかなって不安も出ました。
しかし後悔や不安を持っても後戻り出来ないのでやってきたことを信じようと気持ちを切り替えるようにしました。
焦らない、冷静にならないとダメだと考え直しました。

筆記試験当日

当日は何を考えても仕方ない。今までやってきた自信と開き直りを持って試験を受けるしかないと思い試験に臨みました。

自信と不安の中試験開始

第1問目が順調に解けたので安心しました。
勉強方法と同じように分かる問題からどんどん解いていきました。分からない問題に時間を割いても時間の無駄です。

分かるのが終わってから時間を掛けて解けなかった問題に挑みました。冷静に考えると文章の前後から答えが導き出されることもあります。
自分に冷静になれと言い聞かせながら解けなかった問題を解いていきます。
問題は選択問題ですが適当に答えるのが凄い嫌いです。

私は問題を理解した上で正確な答えを出したいです。考えて出した結果が間違ってても納得します。
試験に関しては何とか穴埋めできたので一応満足しました。
筆記試験の85分は短く思いました。

リスニングテスト

リスニングテストは筆記試験と違いかなりの集中力が必要です。トラブルがない限り聴き直しが出来ません。
なので、聴きながら内容を誰が何をどうしたって感じでメモりました。
リスニングは勉強通り上手くはいきませんでした。歌やテレビとは全く違って流れるようなスピーディな英語です。

何とか答えることは出来ましたが不安は隠せませんでした。

一次試験の結果

緊張感から解放されたせいか英検を受験したことを忘れてた頃に一次試験の結果が来ました。封筒が薄かったので不合格かなと思いましたが合格です。
点数は分かりませんが二次試験の案内です。
二次試験はネイティヴとの面談です。

二次試験(ネイティヴとの面談)

今までマンツーマンでネイティヴと話したことなんて一度もありません。
英語と言えば中高の時のネイティヴだけです。本当のネイティヴとの面談なんて出来るわけないと不安に思いました。

歌やテレビでは聴き取れて理解出来ても生で英語で会話なんて凄い緊張です。
英語を聴いて英語で答えるなんて凄いパニックです。
中高生でも答えれるような名前や年齢を答えるのにも緊張して中々上手く答えられませんでした。スラスラと言葉がでずに詰まってばかりでした。

逆にネイティヴからはリラックスして落ち着いてくださいと言われました。
声を掛けて頂いたおかげで冷静になることができ時間は多少オーバーしましたが無事面談は終了しました。

何を聞かれてどう答えのか未だに分からないし思い出せません。
散々な結果で恥を描いただけだなと私は思いました。

二次試験の結果

一次試験と同じで忘れた頃に二次試験の結果が来ました。面談の内容からして確実に不合格だと思ってました。

恐る恐る封筒を開けると合格通知です。
なんと英検2級に合格しました。
二次試験の面談で絶対にダメと思ってたので本当に嬉しかったです。
私の勉強方法があってたかとうか分かりませんが頑張った甲斐がありました。
きになるのは筆記試験と面談の点数が知りたいです。筆記に試験に関しては答え合わせをしてみたいです。

勉強して辛かったこと

何をどうして勉強して良いのか正直分かりませんでした。
周りに相談する人も居なければ一緒に勉強してくれる人が居なかったことです。
独学は好きなように勉強出来るメリットがあっても誰からも教えてもらえないデメリットもあります。独学はしんどいです。

これからの目標

もちろん1級に向けて勉強します。って言いたいですが私は2級合格で満足です。
1級に合格するには相当勉強しないとダメだと思うし今の私には自信がありません。
もし1級に挑戦するなら苦労したくないので英会話教室や専門学校に行って基礎から学んで1級に挑戦したいです。
今の語学力じゃ筆記試験は合格しても面談は自信ないです。
独学と言うのは大変ですが自分が目標を持ったら頑張れるもんですね。

英検を受ける人にメッセージ

資格を取るのは楽しいことです。
英検の階級は5級から1級まであるので自分の英語の実力を試す素晴らしいテストです。
合否に関わらず1度受験してみてはいかがですか?5級から順番に受験しないとダメだと言う決まりはありません。
英検には年齢も飛び級も関係ないので誰がどの級を受験するかも自由です。
私は暫く英検から離れてます。

英語検定の関連記事
  • TOEIC200点から2ヶ月で110点アップさせた方法
  • 独学で英検準1級合格を勝ち取るまでにかかった努力と根性の2年間
  • 英検二級合格、準一級一次試験合格体験
  • 過去問や問題集を20冊ほど勉強し、英検2級に合格
おすすめの記事
2回の試験で分かった宅建合格のコツ
宅建
私は宅地建物取引主任者試験(現在は宅地建物取引士に名称が変更になりました。)に2回目の挑戦で合格することができました。 この記事では、自分が...
調理師試験に1回で合格できた勉強方法
調理師
私は、調理師の資格が欲しいなと思ったのは、訪問介護の仕事に興味があり役立つかなと思ったからです。まず調理師の資格を得るには二つの方法がありま...