ドイツ語検定試験4級の勉強法と対策

ドイツ語の語学検定試験です。ドイツに興味がある方や、ドイツ語学習者が受ける試験です。4級は軽い文法が話せるレベルです。
まずは、ドイツ語検定対策4級の本は実費で買いましょう。大学等によっては大学の教科書だけというのもありますが、事実試験に当たり、過去問等に対応したテキストを一度は確認しておいた方がいいと思います。

その方が自分で本を買った以上、試験へのモチベーションも上がります。古本屋さんとかにもたまに誰かの使い古しが売ってありますが、人のだと結構、他人汚い字や、使い古された感によりやる気を失う傾向があります。人は心理学的にも自分が高いお金を出してかったモノには執着心を持ちます。少しは我慢して自費で買いましょう。

勉強時間と勉強方法

勉強時間

勉強時間は試験に向けて自分で逆算していきます。決して前から計画を立てるのは止めましょう。あと、テキストがテストギリギリに終わるようにするのもやめましょう。結構余裕がないと受かるか受からないかの瀬戸際になります。

勉強は週末やるよりも毎日やろう

勉強方法は週末にまとめて1日ぶっ通すよりも、毎日1,2時間のが効率が特に外国語の勉強はいいです。単語を記憶するのが主なので、単語というのは毎日の習慣で覚えます。詳しくは脳の作りに寄ります。記憶というのは脳の海馬という神経で記憶したモノを脳梁という機関に伝える事によって記憶になります。

毎日覚えては寝て、深夜寝ている時に脳が復習して海馬から脳梁へ記憶を送ります。それで完全な記憶となります。なので、毎日1,2時間して毎夜、脳梁で記憶を送ってやった方が脳科学的は効率がいいんです。

一週間に1回だと大量の記憶を一晩では脳梁へ全部は送りきれません。語学はとにかく毎日少しづつ続けるのが一番です。毎日眺めて、ドイツ語への抵抗感を失くす効果もあります。毎日眺めてるとさすがに読めない字が減る確率が上がるのは確かです。

あとは、過去問だけは必ず8割以上で目視でも必ず取れる状態にしておきましょう。過去問で見て合格点が何回やっても取れないのに、いきなり試験本番で本領発揮というはまず不可能です。

おそらく試験では緊張もあり、実力は出せて本領の8割です。必ず2,3分からない単語も出てます。そこでは焦らないようにしましょう。前後の文体からおおよそ検討が付きます。もちろんの事、頻出単語は必ず暗記の事。8,9割はそこから出ます。頻出単語はを全て暗記して合格できない人はまずいません。そのくらい頻出単語から出題されます。

検定対策本は1つで大丈夫

学習方法的には、ただ検定対策本一本で大丈夫です。心配要素がある人は他に手を出しますが、書かれてる事はほとんどどれも同じです。一冊を確実にやりましょう。検定本が一冊頭に工程が全部入ればまず大丈夫です。逆に検定対策本が頭に入らない状態で受けても落ちるだけです。

必ず、試験から逆算して、ある程度余裕をもって仕上げる感じで行きましょう。ラスト1週間は全部見直しの時期です。苦手箇所があれば必ずそこは出ると踏んで、そこを重点的に。

リスニングは、CDで耳を鳴らしておく

リスニングはかなり本番だと緊張するので、付属CDで耳鳴らしは必須です。ライティングが全部解けてもリスニングが結構要のテストなので、ドイツ語を知らない耳の人は特に重点的に毎日CDを聴いて下さい

結構焦るとテストのCDは早く聴こえます。100%全部聞き取れる人は3級受験者でも難しいかもです。全部を聞き取るというよりも、単語単語を追うという形式で行った方が点数が上がります。それで十分7割は取れます。

お勧めは毎朝NHKラジオでやってるラジオでドイツ語の放送です。耳鳴らしには調度いいです。テキストは別売りでありますが、ラジオを聴くだけでも十分楽しめる内容です。

余裕があったら買ってもいいと思います。月額数百円です。ドイツ語が話せると思えば一食がドイツ語話者になれると思えば安いモノです。

4級のネックは文法

4級の一番のネックはやはり文法にあると思います。大体学校で英語をやられてきた方なら、ドイツ語は少し近いものがあります。特に4級までは英語だけの文法力でも十分行ける感じです。しかし、そこはやはりドイツ語、英語とはだいぶ変わった形式が出るのも確かなのですが、英語が程々に解けるならば、そう第三言語と言ってもそんなに恐れる必要はありません。

ドイツ語は少しオランダ語とも似ています。近辺の国ですから、似ているのも当然です。もし少し余裕が出てきたらオランダ語もやってみる事をお勧めします。日本語で言えば方言みたいなモノです。

読み方は毎日口に出して覚えよう

ドイツ語話者が一番最初に悩むのは読み方です。基本、ローマ字が読めれば大体が読める感じですが、かなりドイツ語は特殊は読みもあります。そこだけは必ず何回も本を目を通して瞬時に口に出せるようにしておきましょう。

口に出せないものは見ても分かりません。何回でもとにかく頭に残るまで暗記暗記。耳を使うのはとにかく暗記にいいです。人から言われた悪口もその時のイントネーションで人は思い出します。耳は最高の暗記物です。とにかく毎日口に出して覚える。外国語の鉄則です。

4級からステップアップしていこう

4級は練習レベルです、半分余裕をかます勢いで受けていいと思います。大体4級受けられる方は3級、2級へと行きます。ステップアップの一つとして考えて受験して大丈夫です。2級からはガクンとレベルが上がります。4級がすごく簡単に思える感じならばいきなり3級に行っても構わないと思います。

最低ドイツ語話者なら2級は行きましょう。その方が海外でも仕事ができます。しかし、ドイツ語検定は日本の資格なので、ドイツでは通用しません。もしドイツへ行かれるならゲーテをお勧めします。

ドイツの本場でドイツ語話者として理解を示される試験です。翻訳等の技術を付けるのはゲーテクラスは話せないと仕事にはなりません。ドイツ語検定は経歴書にも2級くらいからかける感じです。1級は特に企業は求めません。なぜならば、かなりドイツでも日常単語として使わないレベルの単語がでるからです。実用的なのはゲーテの方です。ドイツ語検定で実力が出せてきたら、ゲーテのA2かB1くらいは受けて大丈夫だと思います。

ドイツ語話者へは頑張れば、1年あれば十分です。頑張りましょう!!

語学の関連記事
  • アプリ学習でHSK(漢語水平考試)4級に合格した私の勉強法
  • フランス語の語学試験DELF B1に合格することができました
  • ドイツ語検定試験4級の勉強法と対策
おすすめの記事
「7回読み」勉強法で宅建試験に合格
宅建
大学時代文系出身者です。生協のパンフレットに宅建は法律試験の登竜門と書いてあったので、受験してみることにしました。 これまでに、日商簿記2級...
登録販売者の資格にU-CANを通して合格
登録販売者
登録販売者の試験に合格することができました。 登録販売者の資格を取ろうと思ったきっかけ 簿記・珠算・パソコン・医療事務などの資格を持っていま...
調理師試験に1回で合格できた勉強方法
調理師
私は、調理師の資格が欲しいなと思ったのは、訪問介護の仕事に興味があり役立つかなと思ったからです。まず調理師の資格を得るには二つの方法がありま...
保育士試験に3ヶ月で合格する勉強法
保育士資格
もともとスクールや学童などで子どもと接する仕事をしていましたが、さらに自分の子どもができ育児が生活の中心となったことで保育への関心が芽生えま...